ありえない!俺が間違っているのか・・・?

自分の予想を大きく外れた結果、ありえないことが起こるとどうしてなんだ?なぜなんだ?とその理由を考えてしまう。
 
世の中は広い。
 
誰がどんな才能を持っているかなんてほんとわかんないものだ。
 
いるべき場所にいないだけで、または場所を間違えただけで、自分の立場は大きく変わってしまう気がする。
 
一見同じものであっても、一方は評価され、もう一方は見向きもされない。
 
クオリティが高くても評価はされない。
 
一見低いと思われるもの、実際低いものも評価される。
 
クオリティそのものも誰かの主観だといわれればそれまでだが。
 
製作者の意図、意志、意向、環境等は作品の評価に反映しにくい。
 
客観的に見てもひどい環境、低い予算等でもその中でも最高のパフォーマンスで素晴らしいものを創る人もいるのに。
 
アーティスト(歌手)にいがちな感じなのだが、大衆受けするものが作りたいわけじゃない、という。
 
でも狙って大衆受けをする作品を作って実際結果を出した上でしかそれは言えないのでは?
 
また、戦略的に大衆に受けが良いものというのは実際問題つくれるものなのだろうか?
 
それができるのなら販売業界に不況なんてないはずだ。
 
しかし改めて人を感動させるもの、その気にさせるモノの要素ってどこにあるのかわからない。
 
 
 
 
広告
カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中